【独り言】依存の理由って。。。

小さい子供が、おもちゃ屋さんでたくさんのワクワクにあって、欲しいと思ったオモチャがどうしても欲しいと泣き喚く

新しい刺激になるので欲しいと思うまでは理解できるが、どうしても欲しいと続けるのは、その欲しいで活性化されてる脳回路から他へ活性化を動かせない、動かした時に不快感があるからだろうか?

大人の依存的な行動を起こす人も同じことが言える気がする。そこから離れられない。神経系で具体的に何が発生してるのだろうか。

依存は、本当に心身で欲しいもので満たされてない時、快感を感じるもので自分を満足させる。快感は持続しないし、ほんとうに欲しいものではないので、何度も欲しいになる。

一般的に、本当に心身で欲しいものは、親をメインにした人間から愛情だと言われるが。。。愛情で満たされてる時の神経系は構成が違うのか? 活性化され方(ホルモンの出方等)が違うのか? 発達性トラウマに出てくるポリヴェーガル理論では、腹側迷走神経系が発達してない、と言うが、発達してないとはどういうことか、発達したら、愛情に満たされるのか、、、発達することで神経回路系がしっかりして、それによりあるホルモンが出やすくなる、とかであろうか。

子供の場合も、愛情に満たされてたら、欲しいと喚くほどではなく、次に移行できるのであろうか。それとも、生まれ持った気質なのであろうか。

気になるところである。

文献を調べないと。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。