自尊感情が不安定という問題

母親の自分が正しい、自分の感じることが正しい、こうするべき、、、これに則り上手に生きてきたつもりになると、自分の感覚や感情を隠してしまうので、自分の感覚、軸がなくなる、基、分からなくなってしまう、自分の感覚を大切にできない、認識できない、そこから、自分の感覚に自信がなくなり、自分がよくわからなくなり、何を決めるにも自分の感覚ではなく、誰かの判断に頼るしかなくなる。

自分に自信がないので、自尊感情がなく、不安定になりやすくなる。モチベーションも、時分でやりたい、というより、やらないといけない、になる。

さらに、決めてくれる誰かに頼りたくなり、依存がはじまる。

そのままでよい、という感覚。自分の気持ちを認識して大切にする感覚。それをどう再構築していくか、1つの大きな問題だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。