【セラピーを受ける時に】受けたい良くなりたい、という気持ちを大切に

人が動く時の動機は、【不安】か【愛】の2つに分類される、それしかない、という解釈があるそうです。

【不安ベース】

XXXしなければいけない。

XXXしなくちゃ。

ストレスベースのものです。個人的見解ですが、前頭前野で考えてやっている感じがします。

【愛ベース】

好奇心ベースでもある

XXXしたい。したらどうなるのかな?

ワクワクしてます

個人的見解ですが、ストレスではなく、好奇心に満ち溢れ、心身からエネルギーが放出されている感じがします

さて、メンタルのセラピーを受ける時、不安ベースの治さなくちゃ、治らなくちゃ、をベースにすると、考えて、前頭前野での思考結果でなんとかしようとしてしまう。表面的には対応可能で、なんとなく上手くいってる気がするかもしれませんが、心身でうまくはいってない。

こういう状態の時は、おそらく、本当に良くはならないのではないかな、と個人的には感じてます。

ここで、愛がベースの、治りたい、良くなりたい、良くなったらどうなるのかな? という気持ちが溢れてる時、本当の変化に繋がるのではないかなと。

セラピストさんの心得として、本人に、治る方法がある事を伝えること、本人が治りたいと思ってくれるようにすること、さらに、良くなっていくとどうなるのかを本人が想像できるようにすること、、、そんなのを意識してもらうと良いのかなと。そんなのを罹患者に伝え共有できたら、加速的に状態が良くなるのではないかなと。

自分自身の心つもりとして、やっています。

それと、、発達製トラウマがある人。。。なんとか頑張って生きてきた人達は、【不安ベース】で動くことに慣れてるとおもうので、安心安全の【愛ベース】への変換はなかなか大変だと思います。でも、できるようになった時、とても美しい世界観が見えてくるように思うんです。その新しい世界観に、心をオープンにして好奇心を持って、見つけていってほしいなと思います。きっと、見つけた時、心からの安心安全と幸せを感じてると思う。新しい感覚をゲットしに、一緒にやっていけたら嬉しいなと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。